役員・顧問紹介

代表取締役 CEO

伊藤 温

  • 弁理士

大学・大学院では環境化学を専攻。前職の津国特許事務所時代には、化学全般(有機、無機、分析機器、医薬等)の業務に従事(10年間)。加えて、内外中心の松岡国際特許事務所時代には、メカ・制御関係の業務+一般事務に従事(1年半)。2004年2月に伊藤特許事務所を設立。 2017年、株式会社知財ランドスケープ設立。

略歴

1966年 3月10日生 東京都府中市出身
1988年 3月 慶應義塾大学理工学部応用化学科卒
1990年 3月 東京大学農学系大学院修士課程修了
1991年 9月 松岡国際特許事務所へ入所
1993年 3月 同所を退所
1993年 弁理士試験合格(登録番号:10531)
1994年3月 津国特許事務所へ入所(現 特許業務法人 津国)
2004年1月 同所を退所
2004年2月 伊藤特許事務所設立
2017年12月 株式会社知財ランドスケープ設立

対外活動

  • 日本弁理士会 日本弁理士会 弁理士制度100周年記念事業 実行委員(平成11年)
    知的財産支援センター 大学関連部等の委員(平成12年~17年)
    知的財産価値評価対策センター 委員(平成16年)
    関東支部施行準備委員会(平成18年)
    日本弁理士会関東支部 地域知財対応委員会(平成18年)
    パテントコンテスト委員会 副委員長(平成19年)
    パテントコンテスト委員会 委員長(平成20年)
    その他知財関連団体 AIPPI 編集委員 (平成14年~17年)
取締役 COO

井上 貴夫

  • 弁理士
  • シニア知的財産アナリスト(知的財産教育協会認定)

大学では移動体通信技術を専攻、大学院では画像処理技術を専攻する。株式会社日立製作所において携帯電話のCDMA基地局のハードウエア設計開発に従事し、その後、日産自動車株式会社 知的財産部において出願・権利化業務、他社権利調査業務等に従事する。2014年6月に伊藤特許事務所に入所。伊藤特許事務所の弁理士であり、株式会社知財ランドスケープの取締役COO。

顧問弁護士

鮫島 正洋

  • 弁護士法人内田・鮫島法律事務所 弁護士・弁理士

東京工業大学金属工学科卒業、藤倉電線(現フジクラ)にてエンジニア、92年弁理士登録後、日本アイ・ビー・エム株式会社知的財産部を経て99年弁護士登録。2004年内田・鮫島法律事務所を設立し、現在に至る。

主な著書・執筆等

「特許戦略ハンドブック」(中央経済社)2004.3[編著]、「知的財産の証券化」(日本経済社)2004.10[共著]、「基礎から学ぶSEの法律知識」(日経BP社)2006.5.15[共著]、「新刊・特許戦略ハンドブック」(商事法務)2006.10[編著]、「技術法務のススメ」(日本加除出版)2014.6[共著]、「知財戦略のススメ コモディティ化する時代に競争優位を築く」(日経BP社)2016[共著]、その他論文等多数2012年には経済産業省から「知財功労賞」(特許庁長官表彰)を受賞。2011年直木賞受賞作品池井戸潤氏著「下町ロケット」に登場する神谷弁護士のモデルとなった。

顧問

杉光 一成

  • 金沢工業大学大学院教授、(一社)IP総研・代表理事

東京大学大学院(法学)修士課程修了、東北大学大学院(工学)博士後期課程修了。PhD。電機メーカー知的財産部、特許事務所、経済産業省「産業競争力と知的財産を考える研究会」委員等を経て、金沢工業大学大学院教授(知的財産科学研究所所長)・(一財)知的財産研究教育財団・専務理事(現在に至る)。

主な著書・執筆等

理系のための法学入門」、「知的財産管理&戦略ハンドブック」「ストーリー漫画でわかる ビジネスツールとしての知的財産 2018.2[監修]」などがある。日本工業所有権法学会正会員、著作権法学会正会員、日本知財学会正会員、日本マーケティング学会正会員、日本弁理士会会員。社会的貢献として、経済産業省委託事業(平成17年、平成18年)「知財人材のスキルの明確化に関する調査研究」リーダーとして「知財人材スキル標準」を開発、参議院・経済産業委員会調査室・客員研究員(平成18年9月~平成19年3月)、(一財)知的財産研究教育財団・専務理事 (現任)、東京大学政策ビジョン研究センター・客員研究員(シニア・リサーチャー)(現任)等がある。2008年6月には(財)機械産業記念事業財団の第1回知的財産学術奨励賞において会長大賞、2009年4月には経済産業省から「知財功労賞」(特許庁長官表彰)をそれぞれ受賞。

03-6278-7449 お問い合わせ